フォスター・・・・・新しいペットの関係

一昔前まではペットを家族に迎え入れる

手段としてはペットショップでの

購入いうのが主だったと思います。

 

現在はペットの年齢に関係なく里親

として ペットを迎え入れる飼い主様が

増えました。

しかし不幸にもまだまだ日本では

殺処分になってしまう犬猫は

5万頭弱もいます。

 

神奈川県はペットの殺処分がゼロと

いうこともあり、当院の飼い主様が里親に

なる子の出身県は様々です。

 

各県の行政やNPO等があらゆる努力を

尽くしても殺処分になる頭数は

上記のような頭数のため、

里親さんになってもらうための

施設等が絶対的に 不足しています。

 

そこで最近活動が活発化してきて

いるのが 一時的なレスキューである

 

フォスター

 

の活動があります。

 

ここのアンケートにもあるようにまだ

名前は知っているが、実際フォスターに

なられた方は少ないようです。

フォスターという制度が認知され、

かつ その触媒を担うNPO等の活動が

成熟化され安心な制度になれば

とても良い仕組みだと思います。