トムズの特徴 

皆さんが通う動物病院は

―丹綮佞一人(院長が一人で行っている)

院長+1〜2名の獣医師

1…后槓数の獣医師

などの形態が多いかと思います。

 

人の医療の場合は,侶疎屬一番多く

内科・皮膚科・心療内科・耳鼻咽喉科等

専門に特化していることがほとんどで、

になると大学病院や地域のセンター病院等に

なると思います。

 

動物病院の場合、,砲弔い討蓮

一人の獣医師がすべての

診療科目を見ることになりますね。

(スーパーマンです)

△砲弔い討榔…垢里笋衒を他の獣医師が

遵守する形になります。

 

トムズの場合にあてはまりますが、

の場合縦型の組織が一般的で、

やはり院長や副院長の医療が

周到されることが多いのですが、

トムズの場合、全ての先生が専門的な

分野の知識を持ち、院長や副院長の

医療分野の手技を押し付けず

横一線の医療を基本にしています。

院長の役目はその病院として、

ペットや飼い主様にいかに

受け入れられるサービスを

ご提供できるかを考えることが役目で、

眼科が得意な先生は率先して目の治療を、

内分泌が得意な先生がその病気の

治療を行うなど、特異な分野を

各先生が対応するというのが

一番理にかなっています。

院長がすべての飼い主様を

丸抱えするような システムが

ある意味弊害をもたらすと考えています。

コメント