ジェネリック・・・・・ゾロ品

オリンピック出場も夢ではないレスいリング選手が

ドーピング違反で資格停止・・・・

選手には全く覚えがなく、提訴・・・・

事実は医師に処方された胃薬に

ドーピング禁止薬物が 実は入っていた・・・・・・

 

この選手の方には非常に不幸なできごとでしたね。

不幸だけはすまされない、

アスリートにとってはあってはならないことです。

 

製造した医薬品メーカーが製造過程で

禁止薬物が 混入したのが原因・・・・・

 

ありえないようで実は大いにありえそうです。

 

ジェネリックの医薬品は安く製造するために

製造過程で複数の薬を、例えればたくさんの

ベルトコンベアーの上で流している状態で

他のジェネリック医薬品

(今回ドーピング違反に なった薬は利尿剤の1種です)の

製造過程で混入したのだと私的には思います。

 

ちょっと怖いですよね。利尿してはいけない

病気もありますし、この選手だけに処方された

お薬だけでは絶対ないでしょうから。

 

ドーピングの原因となった胃薬は

皆さんも耳慣れれているとは思いますが

ジェネリック

のお薬です。

ジェネリックは 後発品というもので、

特許切れになった お薬をすべての

医薬品会社が製造できるように

なったもので、われられの業界や

医療業界ではぞろぞろでてくる

というところ からゾロ品と言われています。

 

医者で処方された薬を薬局で

購入する際 「ジェネリックを希望する・しない」の

可否を聞かれると思います。

当然ジェネリックの方が安く、

国民皆保険制度の日本では

国民の医療費削減にはとても有用です。

 

しかしながらペットの医療でも

人体薬を多々使うことがありますが、

実はジェネリックよりも新薬(先発薬 つまり正規品)

の方が抜群に効く

(ジェネリックが効かないと言っても良いかと)

ことに多々遭遇します。

特に皮膚の場合は抗生物質や免疫抑制剤が

こういうケースに遭遇します。

 

ジェネリック医薬品は厳密に管理された

工程で新薬と同じ成分で製造される薬で

あるはずで今回の件はジェネリック医薬品

(今回の原因と なったメーカーは特に)の

イメージダウンは避けられない

(特に医療関係者には)

と思います。

 

ただ最大の被害者はドーピングの嫌疑を

かけられた選手の方ですよね。

コメント