美肌菌と犬の膿皮症

昨今はTVチャンネルには美容、健康をテーマとした番組が 花盛りですが、その中に女性の皮膚をテーマにしたものが 非常に多いですね。タレントのイッコウさんをメインとした 「美肌菌」 が皮膚に潤いをもたらすという宣伝番組が最近注目されています。 美肌菌が多ければ多いほど皮膚の水分保湿や弱酸性を保つことが 非常に有用というのが主題ですが、そもそも美肌菌は皮膚の常在菌、つまり一緒に 生活している細菌の一つです。美肌菌の正体は表皮ブドウ球菌という もので、学名はStaphylococcus epidermidisといいます。 対してわんちゃんの皮膚感染症である膿皮症がありますが、 これは美肌菌に対して皮膚で悪さをする悪玉菌の1種です。 同じブドウ球菌ですが、taphylococcus intermedius(黄色ブドウ球菌) といって獣医師には非常になじみの深い細菌です。我々人間の皮膚では 悪さ(病原)はまずしませんが、わんちゃんの皮膚で感染症を起こし 診察でとても多くみられる皮膚病の一つです。 美肌菌のメカニズムがさらに解明されれば、犬の膿皮症の治療に メリットをもたらすかもしれませんので、注目していきます。